ウコンを飲めば二日酔いになることはない|飲み会の前にこれ一本

ウコン

肝機能改善する栄養素とは

ウコンは、肝機能の働きを向上させ解毒作用を高める効果があります。また、強い抗酸化作用により生活習慣病の予防効果が期待できます。更に、胃の働きを活発にするので、食欲増進する効果もあります。メリットがたくさんあるウコンですが、サプリメントで摂取するときは用法用量を守ることが大切です。

栄養剤

肝臓の働きをサポート

臓器の中でも肝臓は特に様々な働きをしていますが、その働きの一つとして人体にとって有害な物質の無害化があります。二日酔いは肝臓が弱ってしまってアルコールを分解しきれないことが原因であり、これを防いでくれるのがウコンです。ウコンは二日酔いを防止するだけではなく、病気を予防することも出来ます。

鬱金

二日酔いになる前に

香辛料として利用されているウコンは、アルコールを飲む時にも必要不可欠な素材とされています。いつ飲むと効果的かと言うと、アルコールを飲む前です。肝臓の働きを高めてくれるため、アルコールの排出を助けてくれるからです。ウコンを飲んだからといってアルコールを大量に飲むことは体に良くありません。

二日酔いにばっちり

サプリメント

まいにちの健康に

ウコンには春ウコンと秋ウコン、紫ウコンがあります。それらの根茎部分がいろいろな用途に使われています。自然成分なので、体にやさしい健康食品として重宝されています。春ウコンは血液や胃をきれいにする作用があります。精油成分も多く含まれ、強い抗菌、殺菌作用があります。春ウコンは薬用より食用として利用されていますが、クルクモールという成分は、中国で子宮頸がんに使われています。秋ウコンとは俗にいうターメリックです。胆汁の分泌を促し脂肪の分解吸収を助け、肝臓の機能を高める酵素クルクミンを3種類の中でいちばん多く含んでいます。この酵素は、肝炎などの肝臓障害にも役立ちます。クルクミンが肝臓を正常に保つということはすなわち、ウコンを飲めばアルコールの分解、解毒に作用して二日酔いになりにくいということです。また、二日酔いになっても早く治るという特徴があります。黄色の成分クルクミンは、食品の染料や着色料としても用いられています。紫ウコン、別名ガジュツは、特有の苦み成分が胃液の分泌を促し胃の消化力を高めてくれます。苦味があるため食用には使用されず、もっぱら薬用として使用されています。ウコンにはクルクミンの他にも千種類以上もの成分が含まれています。そのうちの百種類は有効性が認められています。それらの中には、コレステロールの溶解作用があるクルクメン、毛細血管の透過性を高めボケ防止に良いとされるフラボノイド、口内炎や胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの炎症や潰瘍に利くとされるアズレンなどがあります。