ウコンを飲めば二日酔いになることはない|飲み会の前にこれ一本

  1. ホーム
  2. 二日酔いになる前に

二日酔いになる前に

鬱金

飲むタイミング

ビールなどのアルコールを飲むときに欠かせないアイテムとしてウコンがあります。ウコンは、ターメリックと呼ばれ、香辛料としてカレーなどに使われています。黄色の着色料としても用いられています。そして、インドでは、古くからウコンを顔につけて肌の状態を良くしてくれるものとして重宝されていました。また、日本では沖縄では古くからお茶として飲まれていました。ウコンは、古くから親しみのある素材で特にここ数年は、アルコールのお供としてテレビCMなどの影響もあり人気となっています。特に忘年会シーズンなどはドラッグストアなどでウコン関連商品が多く陳列されています。そんなウコンは、いつ飲むのが効果的なのでしょうか。それは、アルコールを飲む前にウコンを飲むことです。先に飲むことで肝機能が強化されアルコールを排出する作用が強くなるからです。しかし、アルコールを飲む前にウコンを飲み忘れたからといって、アルコールを飲んだ後に飲んだら効果がないわけではありません。体内に蓄積されたアルコールを排出してくれるので、翌朝、二日酔いにならずスッキリとした朝を迎えることができます。しかし、ウコンを飲んだからといってアルコールを飲み過ぎてしまうと体に良くありません。また、ウコンを大量に飲めば飲むほど効果が高くなるわけではありません。理想の摂取量は、1日10グラムとなっています。それ以上、摂取すると体に負担がかかってしまうので注意が必要です。